花粉症は今や日本人の国民病

花粉症は今や日本人の国民病とも言えるほど、患者数が増えています。
春はようやく冬の寒さから解放されて、花々が咲き乱れるとても美しい季節なので、春の訪れを心待ちにしている人も多いでしょう。
しかし、花粉に悩まされる人にとっては、春は病気に苦しめられる最悪の季節でもあります。

少しでも症状を抑えるためには、なるべく外出をしないで花粉に接する機会を減らすことが大切なのですが、一年の中でも特に過ごしやすいこの時期に、家に閉じこもってしまうのはとてももったいないことです。
また、春はお花見などの観光シーズンですから、なおさら外に出て思い切り景色を楽しみたいと願う人は多いでしょう。
しかし、花粉症に悩まされている人は、サングラスにマスクなどの服装で外に出ざるを得ません。

これでは、せっかくの美しい景色も存分に楽しむことはできません。
辛い症状を少しでも抑えるために、何とか対策を打ちたいところですが、残念ながらこの病気には未だ特効薬が開発されていません。
耳鼻科などで治療をして薬を服用すれば、症状を和らげることはできますが、完全に治すことはできません。
また、一度発症してしまうと、それが生涯にわたって続いてしまうのも難点です。
今は何の症状もないという人でも、いつ発症するかわからないところが、この病気の恐ろしいところです。

しかし、食生活に気をつければ、この病気の発症リスクを減らすことは可能です。
そのために大切なことは、ホウレン草などの青菜をたくさん食べることです。なぜならば、青菜には体内にたまった毒素の排出効果があるので、それによって身体の免疫力を高めることができるからです。
花粉症の原因は、身体の免疫力の低下によると言われています。
免疫力が衰えているところに、身体にとっての異物である花粉を吸収してしまうと、身体は異物を輩出しようと、過剰に防衛機能を発揮してしまいます。
つらい鼻水やくしゃみなどの症状は、身体が花粉を体外に排出するために、あえて行っているものなのです。

ところが、青汁で身体の免疫力を高めれば、鼻水やくしゃみなどをしなくても、自然に花粉が体外に排出されるので、花粉症の症状が出なくなる可能性が高くなります。
さらに、野菜不足も解消されるので、健康的で疲れにくい身体になれるのです。しかも、青汁は調理の必要もないので、時間のない時でも手軽に栄養補給をすることができます。
このように、青汁は健康や病気予防にとても高い効果を発揮します。